日本の社交ダンス

近代日本でも欧米に習い、鹿鳴館時代に上流階級の間に社交ダンスが外交政策上の必要性から導入されました。

鹿鳴館には、カドリーユやウィンナワルツなどの、ウィーンの社交界スタイルのダンスが輸入。

日本で、富裕層を中心に欧米流の社交ダンスが行われるようになるのは、1918年(大正7年)鶴見の花月園にダンスホールが開設されて以降です。

目賀田綱美により、フランスのサロンスタイルのアルゼンチンタンゴも、日本に紹介されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>