戦後の社交ダンス

1939年第二次世界大戦が始まるとダンスホールの閉鎖が相次ぎ、1945年終戦後も食べるのに一生懸命の一般の日本人にはダンスホールは無縁の存在でした。

一般庶民に社交ダンスが広まったのは、戦後になってからで、第二次世界大戦後は進駐軍向けにダンスホールが多数開かれました。

また、若い男女の出会いの場としてダンスパーティーが流行し、ジルバやマンボなどのアメリカンスタイルダンスが流行。

舶来のダンスに満足しない若者の間からは、ハマジルやカワジルと言った和製ダンスも生まれました。

また、これらアメリカンスタイルダンスの教習を併設する形で、インターナショナルスタイルの教室が増加。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>