ブラックプールダンスフェスティバル

その後1929年、ブラックプールダンスフェスティバルの復活が決定されます。
この時①北イングランドのプロフェッショナル&アマチュア チャンピオンシップと2ベレタワルツ(Veleta)コンペティション、③ベテラン部門のワルツコンペティションがもともとのシークエンスダンス競技に加わりました。

その後ダンスのスタイルは変化を遂げます。これまでのシークエンスダンスよりも、’イングリッシュスタイル’ダンスにより関心があつまります。

また、1931年にブリディッシュ プロフェッショナル&アマチュア ボールルーム チャンピオンシップが発足します。

この頃になるとアマチュアの競技会の為に40の地区で250もの予選会が開催され、そこでの優勝者のみがブラックプールで踊ることができるという状況になりました。
1937年には採点方法である’スケーティングシステム’が導入されました。これは今日のブラックプールだけでなく世界中で採用されている採点方式です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>