ダンスに必要な筋肉

その③ 上腕筋の下部です。

二の腕の下側の筋肉をきたえましょう。

ホールドをキープするのに必要な筋肉は上側の筋肉ではなく下側の筋肉です、上側だと肩の筋肉が盛り上がり、維持するのに余分な力が入ってしまいます。

下側の筋肉を鍛えることでトーンが入り、長時間の演技が可能になります。

ダンスに必要な腕の筋肉は下側の部分を鍛えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>