ひねりの動き

イスに座って両手を頭の後ろに組みます。

口から息を吐きながら上半身を右にひねる。
体重が乗っている右股関節、右足を動かさないよう注意します。
動きやすい人は足のつま先を内側に入れるようにします。
首肩の力を抜き、顔も右に向けて限界まで回します。
このとき胸を縮めたままひねるのではなく、逆に背中を伸ばして胸をいっぱいに広げていく感じを保ちます。
今度は息を吸いながら上半身を戻すように左ひねりにしていく。
左ひねりも同じように。
ひねりは最大のパワーを生み出します、それはゼンマイをいっぱいに巻き上げて一気に開放した形です。
パワーの大きさはボディのひねりの大きさに比例します。
注意するのは体重が乗った側の脚、軸足、腰を動かさないことです。
またひねりを最大限演出するのは背中の柔らかさです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>