アライメント

アライメントは部屋に対する両足の方向、又は片足が指し示す方向のことです。
身体と足が同じ方向のときは「面して」又は「背面して」と言い、身体に対して足が違う方向を向いているときは「向けて」と言います。

アライメント
アライメント

「面して」と「背面して」の違い、使い方は、「次のステップが前進の場合『面して』」を使い、「次のステップが後退の場合『背面して』」を使います。

・・・の恩返し

それはある雨の日でした、スタジオにいらした方が「先生これ落ちてました。」と差し出されたのは・・・なんと、かめでした!

スタジオに初めていらした方は、かめを見て驚きますが愛嬌のあるしぐさに癒されるのか、今ではみなさんに愛されてすくすく育っております。

ちなみに男の子です。愛嬌があるというのは、人が近づくとまるで「遊んで遊んで!」と言うかのように手足をばたつかせながら寄ってきます。指を差し出せば、出した方向に首を振るのであっちむいてホイのゲームのようです。

あの雨の日は車が行き交う中、道路上で助け出されたので彼はかれなりにアムールのみなさんに愛嬌を振りまいて救い出された恩返しをしているかのようです。

ヌメロトレーズ

ダンスが好きで上手くなりたい人、競技ダンス大会で勝ち抜きたい人。ダンスを趣味とする若者が集まる競技志向の若い人の為の社交ダンスサークルです。
横浜のダンススタジオ・アムールで活動する本格アスリート志向の競技ダンスのサークルのこと。
競技大会出場経験のある競技ジュニアの中高生ダンサーもサークルでレッスンしています。
サークルでは毎回の練習会でプロの先生からバリエーションを加えた見栄えのするステップで毎週末みんなで楽しくダンスレッスンしています。
間口は広く10代、20代のダンス未経験の初心者から競技大会出場を目指してリーダー・パートナーを育てます。

ヌメロトレーズ   若者のための社会人サークルです。

連絡先 会長田上さん 050 5850 8765

アムールフリーアイテム

社交ダンスホールド矯正器・・・初心者はこれを使えば「床を見る」「顔が前に出る」「右肘が引ける」などの悪い癖が付かず素直な姿勢でダンスが覚えられ、また、悪い癖が付いてしまった方の矯正には必要な道具です。
上級者も練習はじめにこの姿勢矯正器を使えば、姿勢の確認ができ無駄のない練習ができます。また頭を押し付けることで背中のテンションが保たれるます。

男性用と女性用があります。

ホールド矯正器
ホールド矯正器

社交ダンスホールド矯正器は横浜・ダンススタジオアムールに置いてありますので自由にお使いください。

ポイントカード

ポイントカード
ポイントカード

 

横浜社交ダンス教室ダンススタジオアムールはお得なポイントカードシステムがございます。

10000円ご購入で1000円分お得なカードで社交ダンス、キッズダンス、ジュニアスクールなどのスタジオレッスンや練習料もこの1枚のカードで全てご精算いただけます。

もし紛失されても再発行が可能です。(200円)

10000円単位でいくらでもチャージができます。

リライト式ですので同じカードで何回でもご利用いただけます。

ポイントカード入れ
ポイントカード入れ

受付にあります、ポイントカード入れです。

不在時にはこちらにカードを置いてくだされば、後ほどスタッフが処理しご返却いたします。

 

ピボット

ピボットはステップした片足のボールの上で回転を行うことです、このとき、もう片方の足は前または後ろのCBMPの状態に保たれます。

ピボットはバスケットボールでも用語として使われていて、軸足を動かさずに、もう一方の足を踏み変えて方向を変える動作のことをいいます。

ピボット
ピボット

 

 

CBMとCBMP

CBMは「コントラリーボディームーブメント」といい前進や後退するときに出した足と反対側のボディを先行させることです。

CBMPは「コントラリーボディームーブメントポジション」といい、片方の足が他方の足の延長線上にまたは体を横切って前進または後退するときの足の位置のことをいいます。

よってCBMはボディーの動作のことで、CBMPは足の位置のことを表します。

 

 

ライズとアップ

社交ダンスで重要なライズとアップのご説明です。

ライズとは徐々にヒールを床から離して身体を上方に伸ばしていくことです。アップとはライズを完了した状態でライズした高さを保っている状態です。

ライズとアップどちらが高いといえば、ライズ継続していく状態の方がアップの位置よりも高くなります。

ワルツの一般的なライズ&フォールは、1の終わりにライズを始め2と3はライズ継続し3の終わりにロアーです。

スローフォックストロットでは1の終わりにライズ、2と3はアップで3の終わりにロアーです。

ワルツでは1の終わりから2、3にかけて徐々にライズを継続しますが、スローフォックストロットでは1の終わりと2、3は同じ高さです。

アムール団体レッスン

横浜市神奈川区の社交ダンス教室ダンススタジオアムールの団体レッスンは4回コースで行われスタンダード、ラテンの2種目ベーシック構成となっています。

ベーシックが主体となっていますのでサークル以外でも使えます。

アムールの団体レッスンは男性、女性にわかれ番号札をつけていただき順番にレッスンを始めて行きます、もちろん担当講師も番号をつけ一緒に踊ります。

ルーテン表を作成しご希望の方にお渡ししています。ステップ名を覚えることでムービングにたいする積極性も変わっていきます。

ホームページやブログでステップの動画もご覧頂き、予習復習のお手伝いをさせていただきます。

 

団体レッスンの各種目のステップは2つ、もしくは3つほどしかないのですぐに復習する機会があります。

何度もおどり身体に覚えさせることで社交ダンスが身につきます。

団体レッスンは1回ごとのご精算でOKです。

お休みする場合のご連絡等も不要です。

 

Just another WordPress site